Fure! Fure! Daijōbu! (フレ!フレ!大丈夫!) Lyrics

by : CHI-MEY / チーミー

source : j-lyric

KANJI

誰もいない公園で 並んで眺めた街に
明かりが灯りだした ためいきみたいに

うつむいた君の頬に 涙のあとが一筋
僕は空を見上げて見ないフリをした

焦りやいら立ち あるけれど
ひとつひとつが繋がる日が来る

何も心配ないよ 僕はここにいるから
今までだってずっと 頑張ってきたんじゃないか
泣きたい時だってあるさ 悔しい時だってあるさ
僕はちゃんと見てるよ だからきっと大丈夫!

夜の向こう側でいま 朝日が歩いてる音が
耳を澄ましてごらん 聴こえてくるはず

明日を見つめて 深呼吸
どんな時だって ここからスタート

何も心配ないよ 君とここにいるから
君の手には僕の手 涙にはさよなら
嬉しい時だってあるさ 楽しい時だってあるさ
僕はちゃんと知ってるよ だからきっと大丈夫!

それぞれの道を歩いてても
僕たちは決して ひとりじゃない ひとつさ

何も心配ないよ 僕はここにいるから
今は素敵なこと 膨らませてみよう
そしていつかお互い その夢が叶ったら
また今日を思い出すんだね

そうさきっと大丈夫! 大丈夫

きっと大丈夫

ROMANJI

Dare mo inai kōen de narande nagameta machi ni
akari ga tomori dashita tameiki mitai ni

utsumuita kimi no hō ni namida no ato ga hitosuji
boku wa sora o miagete minai furi o shita

aseri ya iradachi arukeredo
hitotsu hitotsu ga tsunagaru hi ga kuru

nani mo shinpai nai yo boku wa koko ni irukara
ima made datte zutto ganbatte kita n janai ka
nakitai toki datte aru sa kuyashii toki datte aru sa
boku wa chanto mi teru yo dakara kitto daijōbu!

Yoru no mukō gawa de ima Asahi ga arui teru oto ga
mimi o sumashite goran kikoete kuru hazu

ashita o mitsumete shinkokyū
don’na toki datte koko kara sutāto

Nani mo shinpai nai yo kimi to koko ni irukara
kimi no te ni wa boku no te namida ni wa sayonara
ureshii toki datte aru sa tanoshii toki datte aru sa
boku wa chanto shitteru yo dakara kitto daijōbu!

Sorezore no michi o arui tete mo
boku tachi wa kesshite hitori janai hitotsu sa

nani mo shinpai nai yo boku wa koko ni irukara
ima wa sutekina koto fukurama sete miyou
soshite itsuka otagai sono yume ga kanattara
mata kyō o omoidasu nda ne

sō sa kitto daijōbu! daijōbu

Kitto daijōbu

Advertisements

Uchuu Hikoushi No Uta (うちゅうひこうしのうた) Lyrics

by : SAKAMOTO MAAYA / 坂本真綾

source : tarentis2 @ YouTube

KANJI

ちょっと不思議な 夢見たの
私は宇宙飛行士で あなたは農夫
麦わら帽子に送られて
私は元気に飛び立つの
空の青さ 重さ 時間の果てしなさ 地球の遠さ
コンピューターのかすかな唸り…
あなたの育てた トマトの匂い

イオンのパルスは 順調よ
きょうも宇宙ラジオに あのリクエスト
アルデバランが輝いて
星座がこんなに騒ぐから
星の運河 彗星たちの渡り鳥 沙漠の影
小惑星群のヒツジたち…
あなたのTシャツ レタスの匂い

ちょっと素敵な 夢見たの
私が宇宙飛行士で あなたが農夫
陽に灼けた腕に飛び込んで
黄緑の風に包まれて
La La La La La La …

あなたへおみやげ 火星(マース)のかけら
なんでもないけど 宇宙のかけら

ROMANJI

chotto fushigi na yumemita no
watashi wa uchuu hikoushi de anata wa noufu
mugi wara boushi ni okurarete
watashi wa genki ni tobidatsu no
sora no aosa omosa jikan no hateshinasa chikyuu no toosa
KONPYUUTAA no kasuka na unari…
anata no sodateta TOMATO no nioi

ION no PARUSU wa junchou yo
kyou mo uchuu RAJIO ni ano RIKUESUTO
ARUDEBARAN ga kagayaite
seiza ga konna ni sawagu kara
hoshi no unga suisei tachi no wataridori sabaku no kage
shouwakusei gun no HITSUJI tachi…
anata no T-SHATSU RETASU no nioi

chotto suteki na yumemita no
watashi ga uchuu hikoushi de anata ga noufu
hi ni yaketa ude ni tobikonde
kimidori no kaze ni tsutsumarete
La la la La La La…

anata e omiyage MAASU no kakera
nandemo nai kedo uchuu no kakera

Mahou no Ryori ~Kimi Kara Kimi e~ (魔法の料理 ~君から君へ~) Lyrics

by : BUMP OF CHICKEN

source : j-lyric

KANJI

叱られた後にある 晩御飯の不思議
あれは魔法だろうか 目の前が滲む

正義のロボットの剣で 引っ掻いたピアノ
見事に傷だらけ こんな筈じゃなかった

大きくなるんだ 伝えたいから
上手に話して 知って欲しいから
何て言えばいい 何もわからない

君の願いはちゃんと叶うよ 楽しみにしておくといい
これから出会う宝物は 宝物のままで 古びていく

確か赤だった筈だ 三輪車 どこまでだって行けた
ひげじいがくれた熊は よく見たら犬だった

プラスチックのナントカ剣で 傷付けたピアノ
模様のつもりだった 好きになろうとした

大きくなるんだ 仲間が欲しい
わかり合うために 本気を出せる様な
基地が出来るまで 帰らない様な

期待以上のものに出会うよ でも覚悟しておくといい
言えないから連れてきた思いは 育たないままで しまってある

更に 増えてもいく

怖かったパパが 本当は優しかった事
面白いママが 実は泣く時もある事

おばあちゃんが 君の顔を忘れたりする事
ひげじい あれは犬だって 伝え様がない事

いつか全部わかる ずっと先の事
疑いたいのもわかる 君だからわかる

メソメソすんなって

君の願いはちゃんと叶うよ 怖くても よく見て欲しい
これから失くす宝物が くれたものが今 宝物

君の願いはちゃんと叶うよ 大人になった君が言う
言えないから連れてきた思いは 育てないままで 唄にする

叱られた後にある 晩御飯の不思議
その謎は 僕より大きい 君が解くのかな
こんな風に 君に説くのかな

ROMANJI

Shikara reta ato ni aru ban gohan no fushigi
are wa mahōdarou ka me no mae ga nijimu

seigi no robotto no ken de hikkaita piano
migoto ni kizu-darake kon’na hazu janakatta

ōkiku naru nda tsutaetaikara
jōzu ni hanashite shitte hoshiikara
nani te ieba ii nani mo wakaranai

kimi no negai wa chanto kanau yo tanoshimi ni shite okuto ii
korekara deau takaramono wa takaramono no mama de furubite iku

tashika akadatta hazuda sanrinsha doko made datte iketa
hige jii ga kureta kuma wa yoku mitara inudatta

purasuchikku no nantoka ken de kizutsuketa piano
moyō no tsumoridatta suki ni narou to shita

ōkiku naru nda nakama ga hoshii
wakari au tame ni honki o daseru yōna
kichi ga dekiru made kaeranai yōna

Kitai ijō no mono ni deau yo demo kakugo shite okuto ii
ienaikara tsurete kita omoi wa sodatanai mama de shimatte aru

sarani fuete mo iku

kowakatta papa ga hontō wa yasashikatta koto
omoshiroi mama ga jitsu wa naku toki mo aru koto

o bāchan ga kimi no kao o wasure tari suru koto
hige jii are wa inu datte tsutae Yō ga nai koto

itsuka zenbu wakaru zutto saki no koto
utagaitai no mo wakaru kimi dakara wakaru

mesomeso sun natte

kimi no negai wa chanto kanau yo kowakute mo yoku mite hoshii
korekara nakusu takaramono ga kureta mono ga ima takaramono

kimi no negai wa chanto kanau yo otona ni natta kimi ga iu
ienaikara tsurete kita omoi wa sodatenai mama de uta ni suru

shikara reta ato ni aru ban gohan no fushigi
sono nazo wa boku yori ōkii kimi ga toku no kana
kon’na fuyu ni kimi ni toku no kana

Kaiten Mokuba Ni Boku To Neko (回転木馬に僕と猫) lyrics

by : NAKAYAMA URI / 中山 うり

picture source : Nakayama Uri official twitter
kanji source : syoutarou

KANJI

何がなんだか わからないよ
あの娘の声が 消えたんだ

知らん顔で まわるメロディ
回転木馬に僕と猫
ひろわれたり すてられたり
僕らは似てるよな

くるくるまわる 大きな目で
どんな世界を見ていたの?

港街は 涙の色
回転木馬に僕と猫
おしえてくれよ あの娘のこと
お前はわかるだろう?

今ごろきっと 太陽の国
回転木馬に僕と猫
胸の奥で 泡がはじける
一瞬の空っ風

靴を落として 降りられないよ
回転木馬に僕と猫
ニャアとないて 僕を見上げて
窓から飛びだした

どこまでも 僕らは行く 夢のスキマ
なつかしい 恋いこがれた日のように

夜を こえて まわれ
海を こえて まわれ

ROMANJI

Nani ga nandaka wakaranai yo
ano ko no koe ga kietanda

shirankao de mawaru merodi
kaiten mokuba ni boku to neko
hirowaretari suteraretari
bokura wa ni teru yo na

kurukuru mawaru ōkina me de
don’na sekai o mite ita no?

Minato machi wa namida no iro
kaiten mokuba ni boku to neko
oshiete kure yo ano ko no koto
omae wa wakarudarou?

Ima goro kitto taiyō no kuni
kaiten mokuba ni boku to neko
mune no oku de awa ga hajikeru
isshun no karakkaze

kutsu o otoshite ori rarenai yo
kaiten mokuba ni boku to neko
nyaa to naite boku o miagete
mado kara tobidashita

doko made mo bokura wa iku yume no sukima
natsukashii koikogareta hi no yō ni

yoru o koete maware
umi o koete maware

Akubi Neko (あくび猫) Lyrics

by : 羊毛とおはな / Youmou to Ohana

source : j-lyric

角の薬屋のぶちの猫 日向で今日もお留守番
Kado no Kusuriya no buchi no neko hinata de kyō mo o rusuban
しゃがむ僕を見て知らんぷり あくびを、ひとつ。
shagamu boku o mite shiranpuri akubi o, hitotsu.
「僕だけ逆上がりできないんだ。」
Boku dake saka agari dekinai nda.’
お前に話しても仕方ないけど
Omae ni hanashite mo shikatanaikedo
ぐるりと世界を一回り できたら、いいな。
gururi to sekai o hitomawari dekitara, ii na.

夏の花が咲いた頃 一人で見上げた 夕空
Natsu no hana ga saita koro hitori de miageta yūzora
本当の優しさってなんだろう? 僕に足りないもの
hontō no yasashi-sa ttena ndarou? Boku ni tarinai mono

あくび猫が笑ったなら 僕の願いが叶うよ
akubi neko ga warattanara boku no negai ga kanau yo
あくび猫が泣いたなら 僕は途方に暮れてしまうだろう
akubi neko ga naitanara boku wa tohō ni kurete shimaudarou

角の薬屋のぶちの猫 日向で今日もお留守番
Kado no Kusuriya no buchi no neko hinata de kyō mo o rusuban
嘆く僕を見て「また来た」と あくびを、ひとつ。
nageku boku o mite `mata kita’ to akubi o, hitotsu.
「僕だけ、ピーマン食べれないんだ。」
`Boku dake, pīman tabe renai nda.’
お前の嫌いなものは何?
Omae no kiraina mono wa nani?
いつかあの味も「おいしい」と 言えたら、いいな。
Itsuka ano aji mo `oishii’ to ietara, ii na.

西へ向かう鳥の群れ 遠くに消えてく 太陽
Nishi e mukau tori no mure tōku ni kiete ku taiyō
本当の強さってなんだろう? 僕に足りないもの
hontō no tsuyo-sa ttena ndarou? Boku ni tarinai mono

あくび猫が笑ったなら 僕の願いが叶うよ
akubi neko ga warattanara boku no negai ga kanau yo
あくび猫が泣いたなら 僕は途方に暮れてしまうだろう
akubi neko ga naitanara boku wa tohō ni kurete shimaudarou

屋根に消えた流れ星 そろそろお家へ 帰ろう
yane ni kieta nagareboshi sorosoro ouchi e kaerou
いつか叶う夢見て
itsuka kanau yume mite
あくびを、ひとつ。。
akubi o, hitotsu..

あくび猫が笑ったなら 僕の願いが叶うよ
Akubi neko ga warattanara boku no negai ga kanau yo
あくび猫が泣いたなら 僕は途方に暮れてしまうだろう
akubi neko ga naitanara boku wa tohō ni kurete shimaudarou