17 Lyrics

by : PARIS MATCH / ぱりすまっち

すべてのドアを開ける鍵の場所探し
夜毎また着飾っては あてもなく都市に漂流えば
二十歳まえに 気づくはずさ オトナの嘘
若さゆえ無理もないから

いつも抱けるなら 全て支払うさ オトナ買いする
She’s seventeen
女王の振る舞いと奴隷の眼差し
グラマラスなトピックス
I’m so excited
She’s seventeen

冷めた風 装っても口元に漏れる
若さゆえ気恥ずかしいほどの その情熱を
今ここで さらけだし泣けるのなら
隠し口座もそのうちにあげようかな

色香を操る小さな悪魔だと解っていても
She’s seventeen
吸い尽くされていく快感に溺れる
次は何が欲しいのさ
She’s seventeen

「レザーのレギンスは脱がせ辛いから、このドレスを。」
She’s seventeen
「また裏通りでうろつくくらいなら、しばらくは此処で寝れば?」
She’s seventeen

Just only seventeen
I will be stroking you now
In and out,up and down
I hear her heart beating fast

HAPPY-GO-ROUND ~AND WE LOVE YOU~ Lyrics

by : PARIS MATCH / ぱりすまっち

自由求め孤独を胸に流されつづけても
Jiyuu motome kodoku wo mune ni nagasare tsudzuketemo
このままずっと二人いれるならいいよね
Kono mama zutto futari ireru nara ii yo ne
哀しい夜越えた心は優しくなれるから
Kanashii yoru koeta kokoro wa yasashiku nareru kara
少しだけ大人になれるならいいから
Sukoshi dake otona ni nareru nara ii kara

光出す雨の一粒がこんなにも二人潤す
Hikari dasu ame no hitotsubu ga konna ni mo futari uruosu
波が虹を讃える
Nami ga niji wo tataeru

あふれては消えた小さな微笑みを重ねあえたら
Afurete wa kieta chiisana hohoemi wo kasane aetara
HAPPY-GO-ROUND AND I LOVE YOU
待ちわびてた朝祈りつづけた
Machi wabiteta asa inori tsudzuketa
さりげなく響く大切なコトバをわかりあえても
Sarige naku hibiku taisetsuna KOTOBA wo wakariaete mo
届かぬ鼓動よ 澄み切った青さにいつまでも
Todokanu kodou yo tsumikitta aosa ni itsumademo

温めていく形ひとつかわらない願いを
Atatamete iku katachi hitotsu kawaranai negai wo
冷たく錆びついたためらいまで溶けた
Tsumetaku sabitsuita tamerai made toketa

きれいだね 雨と戯れる
Kirei da ne ame to tawamureru
花びらのひとつひとつが蒼い光含んで
Hanabira no hitotsu hitotsu ga aoi hikari fukunde

失くしては気付く透明な一瞬を捜し集めて
Nakushite wa kidzuku toumei na toki wo sagashi atsumete
HAPPY-GO-ROUND AND I LOVE YOU
目眩い朝の陽に祈りつづける
Mabayui asa no hi ni inori tsudzukeru
さりげなく届く特別なコトバ かわらないように
Sarige naku todoku tokubetsu na KOTOBA kawaranai you ni
伸ばしたその手が 永遠のかけらに何処までも
Nobashita sono te ga eien no kakera ni doko made mo

Lady’s Jam Lyrics

By : PARIS MATCH / ぱりすまっち

source : j-lyric

KANJI

薄暗いBarでそんな唇で見つめないでいて
愛しすぎて
Baby Lady’s Jam

スペイン坂でレイトショー
退廃れていく時代のムーヴィー
哀しいほど接吻まで
Lady’s Jam
かつて夢を集めて音楽が溢れた渋谷に淋しい季節

オトコとの愛なんかつまらないわ 幻想もいいところ
オトコなんかより きっと優しくしてあげられるから
とめどなく美しく 果てしなくこぼれていく
流れていく瞬間が来る

譲れないから あんなオトコに
許せないのは そんなにキレイでいる貴方

休暇は遥かオーシャンサイド
冷たい都市なんか捨て
タヒチ辺り貿易風と戯れ
プライヴェートのプールサイド タトゥーが映えるスイムウェア
約束だから

オンナだからわかりあえることがきっと 増えてくるでしょう
信じて欲しい 愛して欲しい ずっと ずっと私だけ
とめどなく美しく 果てしなくこぼれていく
流れていく瞬間が来る

ROMANJI

Usugurai Bar de son’na kuchibiru de mitsumenaide ite
Itoshi sugite
Baby Lady’ s Jam

supein-zaka de reitoshō
taihai rete iku jidai no mūvu~ī
kanashii hodo kissu made
Lady’ s Jam
katsute yume o atsumete ongaku ga afureta Shibuya ni sabishii kisetsu

otoko to no ai nanka tsumaranai wa gensō mo ii tokoro
otoko nanka yori kitto yasashiku shite age rarerukara
tomedonaku utsukushiku hateshinaku koborete iku
nagarete iku toki ga kuru

Yuzurenaikara an’na otoko ni
yurusenai no wa son’nani kirei de iru anata

kyūka wa haruka ōshansaido
tsumetai toshi nanka sute
tahichi atari bōeki-fū to tawamure
puraivu~ēto no pūrusaido tato~ū ga haeru suimuu~ea
yakusokudakara

on’nadakara wakari aeru koto ga kitto fuete kurudeshou
shinjite hoshii aishite hoshii zutto zutto watashi dake
tomedonaku utsukushiku hateshinaku koborete iku
nagarete iku toki ga kuru

Shala-la-la Lyrics

by : PARIS MATCH / ぱりすまっち

Kanji Source : 3131

冬の交差点 あれが最後ね
Fuyu no kōsaten are ga saigo ne
立ち去る背中に 突然の夕立
tachisaru senaka ni totsuzen no yūdachi
2年も経てば街も変わるわ
ni-nen mo tateba machi mo kawaru wa
整う街路樹 着飾る宝石
totonou gairo-ju kikazaru hōseki
やけに眩しいイルミネーションが辛い
yake ni mabushii iruminēshon ga tsurai

この街を訪れるたび また爪を噛み
kono machi o otozureru tabi mata tsume o kami
あなたの面影探して 生きている
anata no omokage sagashite ikite iru

あれからすぐに部屋も変わったの
are kara sugu ni heya mo kawatta no
届いた手紙は迷子じゃないかな?
todoita tegami wa maigo janai kana?
そんな期待を抱き 今日もまた向かう
Son’na kitai o idaki kyō mo mata mukau

この街は人で溢れて 寂しさ隠す
kono machi wa hito de afurete sabishi-sa kakusu
私は思い出捨てずに 生きている
watashi wa omoide sutezu ni ikite iru

甘いカフェオレを持て余す朝に また
amai kafeore o moteamasu asa ni mata
Shala-la-la every day Shala-la-la every time
いつまでも あなた探している
itsu made mo anata sagashite iru
甘い果実酒と戯れる夜に また
amai kajitsu-shuto tawamureru yoru ni mata
Shala-la-la every day Shala-la-la every time
いつまでも あなた探している
itsu made mo anata sagashite iru

Strawberry Waltz lyrics

by : PARIS MATCH / ぱりすまっち

source : 3131

苺のように甘酸っぱい蒼い未来に
Ichigo no yō ni amazuppai aoi mirai ni
君がふと振り向けば遠ざかる街並み
kimi ga futo furimukeba tōzakaru machi-nami
僕の姿 もう君から見えないとしても
boku no sugata mō kimi kara mienai toshite mo

瞳をそっと閉じてみて
hitomi o sotto tojite mite
ほら、すぐに 朱く優しいあの苺のワルツが
hora, sugu ni takaku yasashii ano ichigo no warutsu ga
君の心の中にほんのり伝わるよ
kimi no kokoro no naka ni hon’nori tsutawaru yo
海の碧さも思い出せないくらいに夜が永くとも
umi no aosa mo omoidasenai kurai ni yoru ga nagaku to mo
凍える胸に 温もりを
kogoeru mune ni nukumori o

苺のように瑞々しい蒼い君は
ichigo no yō ni mizumizushii aoi kimi wa
淋しげな校庭で誰に恋しているかな
sabishi-gena kōtei de dare ni koishite iru kana
初めての恋にも イチゴのワルツの調べ
hajimete no koi ni mo ichigo no warutsu no shirabe

やけに冷たく心に降りつけた 時代の変わり目の雨が
yake ni tsumetaku kokoro ni furi tsuketa jidai no kawarime no ame ga
やがてその後 君の花を永く咲き誇らせて
yagate sono ato kimi no hana o nagaku sakihokora sete
ステキな贈り物に変わる
sutekina okurimono ni kawaru
恋の儚さを知る頃に 移り気 気まぐれ
koi no hakana-sa o shiru koro ni utsurigi kimagure
ストロベリーワルツ
Strawberry Waltz

君への愛に気づく頃に かすかな 確かな
kimi e no ai ni kizuku koro ni kasukana tashikana
ストロベリーワルツ
Strawberry Waltz